ミューズ皮膚科ペインクリニック

美容皮膚科[悩み別]

患者様のお悩みに合った治療プランをご紹介しています。ここには無いお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

しみ・そばかす・肝斑

しみといわれるものには、さまざまなタイプがあります。しみの種類に合わせた治療方法で、症例経験豊富な医師による、肌にやさしい攻めの徹底改善をご提供いたします。
しみ・そばかす・肝斑を治療される方には、ハイドロキノン・トレチノインの外用薬。
院内処方:ビタミン剤など併用して治療していただいております。

老人性色素斑

早ければ20-30歳代で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)に当たるところに生じる境界明瞭な色素斑です。しみの多くはこのタイプです。発生当初は薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりしてきます。数年の経過でしみの部分が隆起して来ることもあります。しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。

治療方法: トリニティSRレーザーフェイシャルアコレードセラピーエポダーム

脂漏性角化症(老人性いぼ)

30歳代以降の男女の顔やカラダにも現れます。角質細胞の増殖によりイボのように若干膨らんだしみです。加齢・紫外線が主な原因といわれています。老人性色素斑(日光性色素斑)とよく合併します。

治療方法:アコレード、炭酸ガスレーザープラズマージュ

雀卵斑(そばかす)

学童期・遺伝的に発生することが多く、鼻を中心に左右対称に散在する小さい色素斑のことをいいます。主に顔の目の下にみられる、直径3~5ミリの細かく散在した茶色の色素斑で、手・背中・肩にもできることがあります。紫外線の影響で濃くなる場合もあり、再発しやすいことが特徴です。

治療方法: レーザーフェイシャルトリニティSRなど

肝斑(かんぱん)

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに左右対称で現れ、地図のような形状をしているのが特徴です。原因は諸説ありますが、女性ホルモンが大きく関与していると言われ、その他に妊娠やピル・心理的原因・肝機能障害・皮膚への過剰刺激・そして紫外線など原因はさまざまです。しかし60歳以降になると症状が軽くなるといわれています。従来の皮膚科的な常識では、レーザー治療は肝斑を余計に濃くさせてしまうため、禁忌とされてきました。肝斑には、トラネキサム酸やビタミンCなどの薬が有効とされてきたため、気長に治療していくか、諦めてしまうケースがほとんどでした。
しかし当院では、肝斑に悩む多くの患者さまの声にお応えするべく、肝斑に有効な特殊なレーザー(今までのようなしみ取りレーザーではありません)や、光治療器、エポダームと呼ばれる特殊な薬液導入機を用いて、積極的に治療を展開し、多くの患者さまの肝斑のお悩みを改善しています。 肝斑は、他のしみと比べると、時間もかかり手間もかかる厄介なしみであることに違いはありません。根気よく、続けて治療を行うことが、改善へ大きく繋がります。

治療方法: アコレードセラピーレーザーフェイシャル

色素沈着皮膚

色素沈着皮膚は、何らかのダメージを受けると炎症を起こし、炎症が強いとその後に色素沈着を残します。ニキビ跡の色素沈着、アトピー性皮膚炎の色素沈着、傷跡の色素沈着、レーザー治療後の色素沈着などがこれにあたります。
炎症が続かなければ、時間の経過と共に消失しますが、場合によっては長期間残存することがあり、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。

治療方法: レーザーフェイシャルトリニティSRなど

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

成人になってから頬や額の両側に現れます。雀卵斑(そばかす)より少し大きいくらいのグレーから紫がかったアザです。アザと聞くと、生まれつきあるものと思われがちですが、成人になって発現するアザもあります。 他のしみとの区別が難しく、肝斑が混在すると判別しにくくなります。

治療方法: アコレードセラピーなど

しわ・たるみ

顔面で豊かな感情表現ができるのは表情筋が伸縮し、目や口、頬を動かすためですが、眉間、額、目尻、頬には深くしわとなって刻みこまれてしまいます。しわの出来やすさは大きな個人差があります。また、しわの深さは骨格の違いによる個人差に加えて、様々な要因が関係していると言われています。日々浴びている日光による紫外線の影響も少なくありません。
様々な影響を受け、重力にしたがって肌の緊張がなくなった状態を少しでも改善するために、当院では複数の治療方法を組み合わせて治療しています。1つの機械では限界がありますが、作用が異なる治療の機械を組み合わせ、複合的に治療することで相乗効果が得られます。(見た目の年齢に縛られることなく、前向きになれるお手伝いをさせていただきます。)

肌のハリ、潤い、弾力アップ、キメの改善

当院では、機械を使用しヒアルロン酸を顔全体に細かく注入(希望によりボトックスも混合)していく方法と、直接一か所のたるみやしわだけを伸ばすのではなく、顔全体のバランスを確認しながら注入していく方法を行っております。

治療方法: 水光注射、PRP、ヒアルロン酸治療

目のまわりの小じわ、ほうれい線、頬のたるみ

皮膚の再生に不可欠な成長因子を含む多血小板血漿を、ご自身の血液の中から取り出します。気になる目尻や目の下、ほうれい線などに注射することで、皮下組織の再生・修復を行います。

治療方法: PRP

顔全体のたるみ・ほうれい線・小じわ・目の下のくま

当院では、何種類かの機械を使い分けて治療を行っています。
RFと言われる高周波による熱の刺激で新陳代謝を上昇させ、筋肉を引き締める施術。
RFを格子状のハンドピースから照射し、皮膚のたるみやしわの原因になる真皮層へ熱侵襲を与え、コラーゲン繊維を収縮させ顔全体を引き締める施術。上眼瞼へのアプローチが可能になります。高密度焦点式超音波(HIFU)を用いて、目標の深さのターゲット部位に熱影響を与えることができます。皮下4.5mm、3.0mmの深さに超音波を照射しSMAS筋膜を加熱し収縮させることで、コラーゲン生成を促し緩んだ肌を整え、しわやたるみを改善させます。

治療方法: トリニティプラステノールウルトラセルGFRウルトラセルFUS

瞼のたるみ、目の際の小じわやたるみ、頬のたるみ、ほうれい線

RFと言われる高周波を格子状のハンドピースから照射します。皮膚のたるみやしわの原因となる真皮層へ熱侵襲を与え、コラーゲン繊維を収縮させることで、顔全体の引き締めを行います。上眼瞼へのアプローチが可能になります。

治療方法: ウルトラセルGFRテノール

(毛穴、ニキビ跡)小じわ、顔のたるみ、肌のキメ

肌質改善のため、フラクショナルレーザーまたは高周波を照射し凹凸のあるニキビ痕や、鼻や頬の毛穴の開きを改善していきます。トラブルがある範囲のみの部分的な治療も可能で、2~3週間に1回の間隔で5~10回治療を行うことで徐々に効果が現れます。

治療方法: フラクショナルレーザーウルトラセルFRMレガート

しわ、毛穴の開き、シミ、目の下のくま、ほうれい線のしわ、乾燥

プラセンタ注射薬を顔の気になる部分に注射します。美容液を局所に注入するようなイメージです。

治療方法: 顔プラセンタ

くすみ、しみ、たるみ、乾燥改善

電気刺激を用いて、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンCなどの有効成分を真皮まで浸透させます。マッサージしながらの施術ですので痛みに弱い方でも安心して治療を受けることが出来ます。

治療方法: エポダーム

眉間、額、目尻に出来たくっきりとしたしわ

ボトックスを深いしわを作り出す筋肉に注射し、動きを穏やかにすることで、くっきり出ていたしわができなくなります。しわができなくなることで顔の印象が大きく変わります。

治療方法: ボトックス注射

ニキビ・ニキビ痕

なかなか治らない思春期のニキビ、大人ニキビでお悩みの方も多いです。ニキビは環境の変化やストレスなどによるホルモンバランスの乱れ、間違ったお手入れによるもの、などのさまざまな原因があります。それにより皮脂腺の出口が塞がり白ニキビになり、アクネ菌が繁殖し赤い炎症性のニキビになると言われています。
当院では、ケミカルピーリング(サリチル酸又はグリコール酸)、ダイアモンドピーリングをおすすめしています。ピーリング剤によって古い角質が取り除かれ、ニキビの炎症を抑え肌を新しく生まれ変わらせます。古い角質が取り除かれることにより、皮膚の角質細胞の配列が整います。 赤みのあるニキビ・ニキビ痕、また凹凸のあるニキビ痕などさまざまな症状があります。 診察時、患者様に合った施術をおすすめしています。

治療方法: ケミカルピーリング、ダイアモンドピーリング、ウルトラセルFRMオーロラニキビフラクショナルレーザー

痩身

痩身は、減量や痩せたい部位(腹部・臀部・腰部・二の腕・顎下など)の目的によって治療方法が異なります。治療を受ける患者様のお体の状態や、生活リズム、など様々な条件から、個々の患者様に合ったプランをご紹介しています。

クールスカルプティング

「腹部・臀部・内腿・二の腕・背中・顎」などの部分痩せを目的とした方にお勧めです。
クールスカルプティングは、脂肪細胞以外の組織にはダメージを与えずに、脂肪だけをシャーベット状に冷やすことで、余分な脂肪だけを減らすことができる部分痩せ治療です。落としたい脂肪の場所に専用アプリケータを装着した後、35~45分間(装着するアプリケータによって時間が異なります)リラックスしながらそのままの状態でいるだけです。痛みもないため麻酔も不要です。
油は水より融点が低いことから、脂肪は他の組織と比べて高い温度で凍るという性質があります。こうした特徴を活かし脂肪だけが凍り他の組織にはダメージを与えない温度設定となっています。シャーベット状になった脂肪細胞は1~2ヶ月かけて徐々に排出されます。また治療によって脂肪細胞の数が減少するためリバウンドしにくいと言われています。気になる部位の余分な脂肪だけを凍らせてサイズダウンさせます。くびれたラインが実現可能な部分痩せ治療です。
脂肪の減少の効果が認められ、FDAの承認を取得しています。

治療方法: クールスカルプティング(アドバンテージプラス・アドバンテージ・クールミニ)

ヴァンキッシュMe

脂肪が気になる部分を30分間温めることで広範囲の部分痩せを可能にする治療です。上腹部・下腹部・腰部は同時に照射可能で、臀部や背部の痩身をご希望の方にお勧めです。1~2週間に1度のペースで5回~10回の治療後、効果を実感されます。皮下脂肪を減少させることができ、肉質が硬い方・柔らかい方どちらの方でも同じような効果を期待できます。

治療方法: ヴァンキッシュMe

テノールボディ

痩せたい部分にハンドピースをマッサージするように動かし、高周波を照射していく治療です。基本的にはご自分での運動やダイエットを頑張っている方のサポートをし、より痩せやすくしていくことが目的です。腹部、臀部、上腕などが対象で、冷え性やセルライトが気になる方にもお勧めです。その他、痩身希望の方共通で漢方や食事での脂肪分を排出するダイエット薬を併用することも可能です。

治療方法: テノール

EMスカルプト

高密度焦点式電磁を用いて30分間で2万回の筋収縮を行い、ベッドにお休みになるだけで美腹筋・美尻を手に入れることができます。1~2週間に一度、5回を目安に治療します。
脂肪減少と筋肉肥大を同時に行える治療は唯一EMスカルプトだけです。
ご自分でのダイエットが続かない方・出来ない方、細身で筋肉が少ない方はもちろん、日頃から運動をしている方にも効果的です。
筋肉をつけながら引き締まった体を目指している方にお勧めです。

治療方法: EMスカルプト

育毛・発毛

当院は医療毛髪再生研究会の認定施設です。
抜け毛、薄毛で悩んでいる方は診察時にご相談下さい。保険適応の治療もございますが、万が一効果的でない場合は自由診療をご案内します。当院では痛みの少ない皮下注射 MED JETを用いてHARG®療法を取り入れた治療を行っております。

MEDJET 医療毛髪再生HARG®療法

HARG®療法について詳しくはこちらをご参照下さい。
http://jp-harg.jp/

MEDJET MEDJET

MEDJET

脱毛

エリート脱毛は、黒い色素に反応して毛の再生を抑制します。毛を減らしたい方だけでなく、ご自分での剃毛で肌荒れしてしまう方、毎朝の髭剃りに時間がかかる方、それによってニキビが出来てしまう方にもお勧めです。毛を抜いている状態や、白くなってしまった毛には反応しません。脇なら最短10分で終了します。個人差や脱毛部位のよって異なりますが、最低5回をお勧めしています。

▲このページの先頭に戻る

PC版