top

メインメニュー


武蔵浦和メディカルセンター ファーストタワー眼科

診療科目

眼科、一般眼科、白内障日帰り手術、レーザー治療


  • higaeri.gif
  • official.gif

  • 診療時間

    gazou1.jpg
     
    9:00 - 12:45
    14:00 - 17:00
    ※第2、第4金曜日は手術日となり、外来は休診となります。
     第1、第3金曜日は通常通り診療を行います。
    ※ 駐車場・駐輪場を完備しております。

    ファーストタワー眼科の案内図

    武蔵浦和メディカルセンター
    フロア案内図

    休診日


    電話番号 / FAX



    こんなときにお越し下さい

    • 目がゴロゴロする、痛い、メヤニが出る、涙が出る、目が乾く 、かゆみ、疲れ
    • メガネ・コンタクトレンズの処方も行います。
    • 目がかすむなどの症状がある時は白内障や緑内障などの病気のことがあります。適切な診断により、早期に治療することで進行が予防できることがあります。わかりやすくご説明いたします。まずは受診してみてください。
    • 高血圧、糖尿病、リウマチなどの全身疾患により眼に合併症がでることがあります。他科との密接な連携により、合併症の発症を最小限におさえ、適切な治療をします。
    • 屈折矯正手術、角膜移植、増殖硝子体網膜症手術など適切な病院へご紹介できます
    • どんな症状でもお気軽にご相談ください。

    日帰り白内障手術

      003.gif
       目のレンズにあたる水晶体<左図参照>濁りができたものを 白内障と呼びます。
      けがや薬、あるいは糖尿病によって起こる場合もありますが、ほとんどは老化現象の一つとして起こるものです。
      点眼薬により、白内障の進行を遅らせますが、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。

    白内障の症状

      004.jpg 005.jpg
    • 人の顔がはっきり見えなくて困る
    • 白くかすんですっきりしない
    • 目やにが出ているように曇って見える
    • かすんで遠くも近くも見えにくい
    • メガネをかけてもすっきり見えない
    • 外に出るとまぶしく感じる

    白内障のQ&A

      ★白内障の手術って具体的に何するの?
      通常はまず、濁った水晶体を超音波で吸い取ります。
      ピントを合わすための水晶体が濁り、それを取り除いてしまうため
      代わりになる人口レンズを挿入したら、手術は終了です。
      006.jpg

      ★手術後眼帯はいつまでつけなければいけないの?
      手術の当日は眼帯をつけたままお過ごしいただき、翌日の診察の際にはずします。その後は特に眼帯をつけていただく必要はありません。細菌感染やホコリよけのために保護用ゴーグルを紹介しています。

      ★手術の費用は?
      手術費用は、老人保険の1割負担の方は約15,000円。
      一般の3割負担の方は約45,000円です。

      手術の準備・流れ

        1.検査・診察

        診察の結果白内障と診断されたら、白内障の程度によって治療方針を決定します。
        日常の生活に不自由を感じるようであれば手術を検討します。

        2.手術日の予約申し込み

        ご相談の上、手術日を決定します。当医院ではすべて日帰り手術を行っております。
        手術日は毎週月曜の午後です。

        3.手術のインフォームドコンセント

        術前・術後の点眼と注意事項などご説明します。
        ご家族の方も一緒に説明を聞いていただくよう配慮しております。

        4.手術前の検査

        目の計測・全身状態把握のための諸検査
        目の手術ために、全身の状態を詳しく調べる必要があります。
        かかりつけの先生宛にお手紙を渡しますので、次回受診日までに必要な検査があれば受けていただきお返事をお待ちください。
        (かかりつけの病院がない場合は提携の病院を紹介します)

        5.手術当日

        手術前に執刀医が診察をします。
        007.jpg白内障の度合いにもよりますが、通常10分~20分位で
        手術は終了します。
        手術後はしばらく安静にした後、帰宅となります。

        6.手術後の診察

        手術翌日、3日後、翌週に診察を行います。
        その後は経過により決定しております。

        
        不安な点やご質問は、お気軽にお尋ねください。
        
        
        

        医院からのメッセージ

        2006年7月開業以来、地域住民の患者様の眼の健康を第一に考え日々患者様の立場にたった眼科医療を続けております。 おかげさまで、これまでの日帰り白内障手術件数は1600件を超え埼玉県内で有数の手術件数となり、現在も多くの患者様からご支持いただいております。 今後とも地域医療に貢献させていただきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

        クリニックの特長

        • 最新機器を配した手術室が完備され、衛生的に眼科処置ができます。
        • 「日帰り白内障手術」も経験豊富です。「レーザー治療」等も行えます。
        • 眼の健康状態を知る上で重要な検査である「角膜内皮細胞検査」を行っており、撮影した写真はその場でお渡ししています。
        • 001.gif002.gif
        • 様々な眼の症状に対する一般診療のほか、メガネ・コンタクトレンズの処方も行っています。
        • 入院が必要な患者様は、提携先である戸田中央病院での治療がお受けいただけます。
        • 電子カルテ・ファイリングシステムを導入しております。

        施術機器・レーザー機器ご紹介

        クリニックで使用する機器のご紹介です。


        ●施術機器●


        超音波白内障・硝子体手術装置
        ・最先端の超音波発振機能(ホワイトスター、ICE)で眼への侵襲が少なく、眼に優しい手術を可能にしております。
        gazou2.jpg
        手術顕微鏡(LEICA M844,LEICA F19)[XY装置・助手斜鏡筒付]
        ・コンピュータ制御により安定した視野・操作性を維持し安全な手術を可能にしております。
        gazou3.jpg
        眼軸長測定装置
        ・白内障手術時に同時移植される眼内レンズの度数を選定する為に必要な検査で、当院ではIOL-master(赤外線)及びA.mode(超音波)の異なる2種類の機械でそれぞれの特性を生かし、術後の最適な視力を得られる様に検査をしております。
        gazou5.jpg
        角膜内皮細胞測定装置(スペキュラーマイクロスコープ)
        ・角膜の内側には角膜に栄養と酸素を供給する大切な細胞があり、これが減少すると水胞性角膜症の様に視力に大きな影響を及ぼす疾患が出現します。当院では、コンタクトを長期間使用使用されている方、白内障手術前の角膜のスクリーニング検査として用いる事によって、安全かつ適正な治療計画が立てられるようにしております。

        ●レーザー機器●


        マルチカラーレーザー
        ・糖尿病網膜症や網膜裂孔、その他の眼底網膜症患者様に対し最適なレーザー治療を行う事ができます。
        gazou4.jpg


        ▲このページの先頭に戻る


        フッターメニュー