ただともひろ胃腸科肛門科

  1. よくある質問
  2. 最新情報
  3. 診療予約
  4. 内視鏡検査予約
  5. 遠隔診療紹介
  6. ドクター陣紹介
  7. 大腸内視鏡検査
  8. 経鼻胃内視鏡検査
  9. 肛門科診察について
  10. ピロリ菌とは何ですか?
  11. 胸やけとは何ですか?
  12. アクセス
  13. 採用情報

ただともひろ胃腸科肛門科

経鼻胃内視鏡の最新鋭機種を埼玉県初導入します

武蔵浦和メディカルセンター ただともひろ胃腸科肛門科 では、

12月発売のオリンパスの経鼻胃内視鏡の最新鋭機種GIF-XP260Nを埼玉県で初導入する事をこの度決定いたしました。

あなたのご支持のおかげで、当クリニックは開院以来3ヶ月あまりで262件の経鼻胃内視鏡検査(従来の口から行う検査ではなく、超極細細経内視鏡によるラクチン胃カメラ)を実施してきております。

これは埼玉県で文句無く随一の実績であるかとは思いますが、それよりも

「検査前の説明では、“従来の口からのつらさを10とするならば2−3程度のつらさ“と言われたけれど、それは嘘! 1程度のつらさだよ!」 

「本当に楽ですね‥医学の進歩ってすばらしいですね」


などの嬉しいご意見を、毎日頂いていることには、本当に感謝のしようもありません。心より御礼申し上げます。

今回導入決定した最新鋭機種GIF-XP260Nでは、従来の機種と同じ画質と機能を保ちながら、(医療従事者側から見た)操作性が向上しております。

操作性の部分に関しては医師の技量でカバー可能といえばそうなのですが、操作性向上した分、あなたの検査の際の診断に力を注ぐ事ができます。

同じく埼玉県初導入であった、オリンパスの最上位機種EVIS LUCERA SPECTRUMによる、「光の波長を変えて病変を浮かび上がらせる画期的な機能」と組み合わせて、

ラクチン胃カメラであるのはもちろんの事、診断レベルとしても、世界最高水準を提供できるよう日々頑張っていきます。

今後とも何とぞ宜しくお願い申し上げます。

最新情報の一覧

記事一覧に戻る